動物

ハクビシン対策で被害を最小限に|退治に必要なのは習性を知ること

ベストな環境を作らない

内観

可愛らしい容姿をしているハクビシン。農作物を好み、さつまいもやかぼちゃを食べた後はデザートにみかんを食します。そんなハクビシン被害は、全国各地に広まりを見せ、住民たちを悩ましています。被害が大きい農作物に関しては、早めのハクビシン対策を講じなければならず、業者側も大忙しです。尚、ハクビシン対策に使える方法は様々で、中でも効果があったのは寝床を作らないことと、侵入経路を作らない、餌場をなくすといった3つの手段がなされます。特にハクビシンは、住宅の屋根裏や倉庫を好み昼間はそこで休息を取ります。そのため、ハクビシン対策で有効的なのは、天井への侵入口を塞ぐことが重要です。これは同時に侵入経路を作らせないといった取り組みが可能になるため、二つのハクビシン対策で住宅へ寄せ付けません。ただ、ハクビシンは軽い体と爪を利用して、木登りをする動物ですから、周辺に大きな背丈の木がある場合、積極的に伐採をしていきましょう。ハクビシン対策で効果的なのは、見通しの良い環境を作ることです。ただ、これらの対策も自分で行うには非常に大変です。いちいち天井裏に行くのは足腰が悪いお年寄りにとって大きな負担でしかありません。またどこから侵入したのかがわからないと、効果的にハクビシン対策ができなくなるため、対策をより深く理解している専門業者の利用が好ましくなるのです。

一般的に使われるハクビシン対策グッズはフェンスの取り付けです。近年は電気を通すものまで登場しており、殺さずに対策が行えます。さらに、ハクビシン対策として、捕獲器の利用もより効果的ですから、参考にしていきましょう。